意外と見落しがちな家族葬関連知識

みなさんは家族葬と目や耳にされて、とっさにどのようなイメージを連想されるでしょうか。葬儀会場の小さな一室で、家族とごく限られた親族だけで故人を見送る、ご近所や故人の仕事関係にもすぐには逝去を知らせず、事後報告で済ませる小規模なお葬式が思い浮かぶことでしょう。これは大筋で間違いではありませんが、この特徴からいわゆる密葬と混同される方々も少なくありません。これはご解釈で、密葬は先に家族親族だけで葬儀をとり行った後、会社関係の方々や知人が参列する本葬がとり行われ、家族葬とは異なるお葬式の形式です。

常日頃から絶えず意識することもその必要もない反面、時に突然遺族の立場となる可能性が否めないのがお葬式です。参列者としての最低限のマナーや流れなどは、それまでの経験から漠然とながらも理解できていたとしても、自らが喪主や遺族となった時、果たして何からどう対応すべきなのか、その判断に窮してしまう方々は数え切れません。家族葬という選択肢の存在と、その特徴や注意点など踏まえておくべき関連知識を家族間で共有しておく準備が求められます。

多くの親族や故人の関係者に対し、逝去の事実を事後報告する家族葬ですので、果たしてどこまでの方々に参列をお願いすべきかなど、冷静かつ的確な判断が欠かせません。生前に個人の希望を確認できるとも限らず、また何らかの事情で参列をお断りしたい存在も見当たらないとは限りません。お葬式が小規模となれば、それだけ後々になって時に感情面のトラブルが生じてしまうリスクが懸念されます。こうした残念な悪循環から、時間の経過とともに後悔ばかりが膨らんでしまう家族葬となってしまっては、故人にとっても遺族にとっても残念な展開に他なりません。

家族葬は葬儀の選択肢のひとつであり、このスタイルを選択するのであれば一般葬儀との違いを正しく理解する必要があり、そのためには一般葬儀に関する基礎知識が求められます。たとえば非常に大雑把に葬儀会場の規模と参列者数から、大規模は社葬、中規模が通常のお葬式で小規模は密葬と捉える向きも見られるようですが、これは間違った解釈の典型例です。お葬式にまつわる予期せぬトラブル事例は水面下を含めて数え切れず、準備不足や誤った知識に基づく判断が、私達をそうした残念な当事者へと誘い兼ねません。仮に家族葬を選択肢として候補に挙げられているのであれば、今一度早い段階で、ご家族が正しい関連知識を共有されているかどうか、ぜひ確認作業を実践してください。

新着情報

2018年11月14日
ホームページを更新しました。